(キー=C)

「C → C7 → F → Fm」

シンプルな「C → F(I → IV)」に、内声の変化を加えたコード進行です。

「C7(I7)」は「F(IV)」のセカンダリードミナントであり、かつ変化していく音が「ド → シ♭ → ラ → ラ♭」と下降しているところもポイントです。

変化した内声の音(セブンスやマイナーの音を)をメロディとして上手く活用できると、聴きごたえのある構成に仕上がっていくはずです。


作曲教室もやっています