(キー=D)

「D → Am7 → G → B♭」

「Am7(Vm7)」を活用した、部分転調的な雰囲気のあるコード進行です。

通常「Vm7」は「I7」へつながることがほとんどですが、ここではそれを省略してシンプルな音使い優先させています。

ラスト「B♭」はノンダイアトニックコードの「♭VI」で、ロック的な力強さがあります。


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室