(キー=C)

「C → Gm7,C7 → FM7」

セカンダリードミナントコードの「C7」をツーファイブ化したコード構成です。

「C7」単体として鳴らすよりも、部分転調のような響きが生まれることで、浮遊感のようなものを演出することができます。

雰囲気を統一する意味で最後はメジャーセブンスコードとしていますが、このあたりはお好みで。「F」にするとパキっとしたサウンドになります。


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室