(キー=C)

「C → Dm7 → D7 → G」

セカンダリードミナントの「D7」を利用した構成です。

ドミナントセブンスである「G」への展開に際して利用できるこのコード(ダイアトニックコードで言うところのII7)は、ドミナントのドミナントであるため「ダブルドミナント」という呼び名で語られることもあります。

個人的に好きなのが、「Dm7 → D7」への変形で、Dルートを保持したままマイナーがメジャーに変わるところが気持ちいいです。「C → Em7 → E7 → Am」なども同じ概念ですね。


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室