オンラインレッスンやっています

ライブをやれるほどにそれが収入になる時代なのか

(画像元:http://www.sbbit.jp/article/cont1/32086)

音楽メディアの規模縮小と、それに反するライブ売り上げ増収が記事になっています。CDの売り上げピークは1998年で、現在ではその半分以下、音楽配信もピークの頃よりだいぶ落ち込んで、かつ昨年いくつか始まったサブスクリプション型サービスも、目立った効果は出ていないらしい。

反面で、ライブの売り上げが右肩上がりなのを見ると、自分たちが学生だった90年代とは業界の概念が大きく変わっていることが分かります。音楽を使って町おこしができるというのも頷ける。ネットやスマホによって音楽が何でも聴けるようになってしまった今だからこそ、やはり生演奏の価値が見直されてきているのか。

これから音楽を作って生計を立てていきたい人には、ライブパフォーマンスの技術が必須になるのかも。作曲者は本来は作る専門家なんですが、メディアが売れない以上、やっぱり難しいのかな。バンドやってるみんなとか、ソロの歌い手の人には過ごしやすい時代かもしれないですね。

アイドルもベテラン歌手もみんな「音楽ライブ」をやりたい理由
(ビジネス+IT)