画像元 BARKS

ギターの演奏によってドラムパターンの打ち込みができる、新しいタイプのドラムマシンが記事になっていました。

通常、マシンでのステップ入力やリアルタイム入力ではパッドを叩く方式が一般的ですが、この機器ではギターストロークの低音弦をキック、高音弦をスネアと捉えてそれをリズムパターンに変換する方式を搭載しています。

ハイハットやライド、タムなどは自動生成されるとのことで、セッションやトレーニングなどで必要となる簡易的なドラムパターンにも活用できそうです。

ドラムのパターン入力をギター演奏に置き換えて「ギタリストがドラムを演奏する」という発想が画期的です。

ドラムをギターで鳴らす? ギター演奏でパターン入力できるドラムマシン・ペダル「SDRUM」がDigiTechから登場
(BARKS)


作曲教室もやっています