サビに最高音を含むことも大切ですが、印象的なサビを目指す意味で低い音域を混ぜることも効果的です。(少し詳しく→「サビの音域」)


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室