オンラインレッスンやっています

日本のポップスの基礎を作った人、というと言い過ぎに聞こえるけど多分そこまで的外れじゃないはず

(画像元:http://natalie.mu/music/news/187058)

細野さんが40年ぶりに中華街ライブを行ったらしくレビューが載っていました。いわゆるトロピカル3部作の、中でも「北京ダック」とか、あの辺の80年代香港っぽいジャッキーチェンの懐かしい映画に出てきそうな雰囲気に一時傾倒していたころの曲をたくさん演奏したようです。

細野さんといえばYMOのイメージが強かったり、その後もなんだかよくわからない立ち位置の人として一般には認知されていそうですが、そもそもはっぴいえんどだし、その後はティンパンアレイだったりいろいろな作品に携わって、日本のポップスの演奏とかアレンジの基礎を作った人と言っても過言ではない人だと思っています。

最近はまたライブ活動でよく見かけるようになってきたし、あの頃の皆さんともども、もっともっといい音楽を届けてほしいです。そろそろ細野さんの全曲完全ひとり作詞・作曲で、現在進行形の新しいポップスアルバムを聴きたいところ。

細野晴臣40年ぶり中華街ライブで星野源とゲロッパ!
(音楽ナタリー)