(画像元:http://www.musicman-net.com/business/66072.html)

LINEがついにレーベルを設立したとのこと。「音楽レーベル事業を通じてLINEやLINE MUSICの可能性を広げていく」という目的のもと運営されていくらしいです。

これまでにもいろいろな業界で独自の音楽レーベルが作られて、そこから音源リリースされたアーティストも沢山いますが、もちろん良質な作品が自由に発表されることで良い流れができてはいるものの、音楽業界的な変革とか底上げに繋がっているかと言われるとそれほどでもない印象があります。

LINE MUSICをはじめとする新しい音楽の聴き方が始まっている中で、このレーベル設立がどのような効果をもたらすかちょっと注目したいです。もうメジャーとかインディーズとかいう言葉も古くなってきているこの頃なので。

LINEが音楽レーベル「LINE RECORDS」を設立、「RECORD STORE DAY」でアナログ盤の販売も
(MUSICMAN-NET)


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室