オンラインレッスンやっています

音楽理論を理解すると曲の品質と作業効率が上がります

(画像元:http://rittor-music.jp/products/2016/03/50750?ch=sound)

3月25日に発売されるという「マンガでわかる!音楽理論」がちょっと気になります。これまでも似たような本はあったのかもしれないけど、オーケストレーション実践講座も書かれている侘美さんの著作なので、中身も信頼できるものだと思います。

コード進行とか作曲を学習的な観点で考えるときに、「音楽理論」という言葉が「なんだか得体の知れないややこしいもの」というイメージを与えてしまっているように思いますが、その中身は実はすごく便利なネタ集のようなもので、この仕組みを知っているといないとでは作曲の効率が大きく変わります。

私も独学で作曲を覚えたあと、だいぶ経った頃に音楽理論を勉強して、こんな便利な概念があったのか!と感動したことを覚えていますが、初歩的なコード進行の手法だけでも知っていると本当に役に立つはずです。

また、理論は確かに便利ですが実用に結びつかないとそのありがたみがわからないもので、覚えた手法は必ず使ってみて、あと既存の曲を分析して検証することで理解が深まっていくと思います。

音楽理論の基礎の基礎がマンガで楽しく学べる書籍『マンガでわかる!音楽理論』発売
(サウンド&レコーディング・マガジン)