(画像元:https://www.barks.jp/news/?id=1000137843)

ローランドの新製品発表が記事になっています。中でも個人的に気になったのが、アコースティック専用のアンプ「Acoustic Singer」です。

これまでにも路上演奏用途の「Cube」シリーズなど、アンプにも力を入れてきているローランドですが、今回はアコースティック専用の新製品ということでクリアで自然で、かつ太い音を目指していて、弾き語りに対応できるようなさまざまな機能が搭載されています。

ローランドのアコースティック製品として人気だったADシリーズで得たプリアンプの技術が詰まっているとのことで、サウンドが気になりますね。アコギで使えるナチュラル系のシールドと、性能のいいプリアンプなどと合わせてしっかり組み立てたらかなり理想的な音が作れそうです。

ローランドが新製品発表、エントリー向けキーボードやスマホ用ミキサー、アコギ用アンプ、オーディオインターフェイス、ステージピアノなど多数リリース
(BARKS音楽ニュース)


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室