ローランドがこのタイミングで新たにターンテーブルの新作をリリースしたらしいです。昨今のレコード店新店オープンなどに続いて、レコード需要の高まりを感じます。

ターンテーブルといえば、自分たちの時代はテクニクスがベスタクスとかで、そこにローランドという名前はありませんでしたが、この現代の同社の新作ということで、デジタル機器との連携とか、いまの時代ならではの機能性があるのかないのか。

このレトロなデザインも、昔のローランドのリズムマシンとか、ヤマハのシンセみたいでいいですね。

TT-99
(Roland)


作曲教室もやっています