オンラインレッスンやっています

「V-Classブレーシング」はテイラーのアコギ理念を具現化したもの

「V-Classブレーシング」とは


アコースティックギターのトップ材の裏側は、「ブレーシング」といって、木板の上に何本かの棒状の木材が貼られた構造になっています。

ほとんどのアコギはこれが交差するように貼られていることから、その形状は「Xブレーシング」などと呼ばれていますが、テイラーが新しく開発した「V-Classブレーシング」はその名の通りそれがV字型になったもの。

従来の「Xブレーシング」にあった弱点を克服した新たなブレーシングの形として、一部のアコギ弾きの間で注目されています。

弾いていて楽しいアコギ

テイラーによると、この「V-Classブレーシング」によってボリュームとサスティンの両方を豊かにすることが出来ているようで、強さの中にしなやかさがある、というような状態を実現できているとのこと。

また、木材がプレーヤーの演奏を素直に受け止めてくれるため、音の反応が良くなったり、バランスのとれたサウンドになっているらしいです。

私が使っているメインのアコギもテイラー製で、そちらは「V-Classブレーシング」ではないですが、確かにテイラーのアコギは弾いていて楽しいですね。

この新しいブレーシングによって、よりプレーヤーにとって心地いい演奏体験を実現しているのかなと感じました。

こんなギターがあったら作曲もはかどりそうなので、一度試奏してみたいです。

V-Classブレーシング(テイラー)

テイラーのアコギおすすめです!