オンラインレッスンやっています

Vocrowdが一般化したら、音楽業界がもっと盛り上がるかも

(画像元:http://www.musicman-net.com/business/54720.html)

音楽制作のクラウドソーシングSNS「Vocrowd」が本格運用開始ということで記事になっていますが、個人的に、音楽制作もこういう時代が来たかという印象を持っています。もちろん良い意味です。

クリエイター系のクラウドソーシングとかだと、デザイン関連に強いランサーズあたりが有名でしたが、音楽だと使用場所が限定されたり、とかく仕事に結びつきづらいのでなかなか特化したサービスがなかったように記憶しています。

例えば自分の場合でも、作曲はやっていきたいし、アレンジまではやりたいけど、ミキシングとかマスタリングとか、いわゆるエンジニア的な作業に対してそこまで熱がなかったり、同様に作詞だけは他の人に頼みたい、とかそういったニーズってあると思います。

最近では”Co-Writing”という概念も広がりつつありますが、音楽でもこういう交流が活発になって、さらなる才能が世に出てくれば良いなと思います。

音楽制作工程のスキルマッチングに特化、クラウドソーシングSNS「Vocrowd」がスタート
(Musicman-NET)