(画像元:http://www.korg.com/jp/products/dj/volca_kick/)

KORGが、例のミニアナログシンセシリーズにキック専用機をリリースするらしいです。このボディ、相変わらずアナログ感があってかっこいい。

サウンドはいわゆるあのシンセ的なもので、キックベースも作ってそれもシーケンスで鳴らすことができるらしいので、使いこなせるようになればいろいろなアプローチで楽しめそうです。

KORGのページにも書かれているとおり、やっぱり同社の他機器と連動させて使うのが面白いのかなと思います。volcaのシリーズにはリズムマシンの役割をするモデルも既にあるのでそのあたりの役割の違いが気になりますが、芯のある四つ打ちはライブで威力を発揮してくれるはず。

シンプルに、柔軟に作り込まれていてほしいところですね。

volca kick
(KORG)


作曲教室もやっています