> オンライン作曲教室はこちら<

アイディアが浮かばないときはとにかく沢山弾き語ってそれを記録する

(画像元:http://www.lifehacker.jp/2016/05/160527creative_solution.html)

執筆を行っているみなさんに向けて書かれた「創作活動に行き詰まったときの唯一の対処法」というページが興味深かったのでご紹介します。ここに挙げられている4タイプの作家の中で、初心者には「心配性」のタイプの方が比較的多いかと感じます。

「ライターズブロック」は作曲にもあって、どうにもうまくメロディやコードがつながっていかない状況はみなさん経験しているはずです。かつ、それが仕事だったり、待ってくれている人がいるほどやっぱり焦るし、さらに迷ってしまうものです。

ここでアイディアとして提示されている「とにかく沢山アイディアを書くこと」は、作曲では「たくさんメロディやコード進行を作ること」に置き換えて活用できると思っていて、これは自分も日ごろからよくやっていて確かに効果があると実感します。なにも考えず、とにかく沢山弾き語りで自由に歌ってみる、そうするとその中に光るアイディアを見つけることができます。

ボイスメモの前に座って、1時間くらい、片っ端から記録→保存を繰り返して、メモが50個くらいになってあとで聴き返すと、その中に一つか二つ採用できるものがあるはずです。是非試してみてください。

創作活動に行き詰まったときの唯一の対処法
(Lifehacker)