オンラインレッスンやっています

作曲用書籍 | 「A Modern Method for Guitar」


画像元:Amazon

読譜強化におすすめ

五線譜は、ギター演奏者にとって優しくない

ギター演奏者にとって、五線譜は読みづらいものです。

ギターには同音異弦(異フレット)という言葉があって、ピアノのように音がひとつではなく、同じ音が指板上のいろいろなところにあります

五線譜でひとつの音を指定されてても、どの部分を弾いてその音を出すべきなのかが瞬時にわかりづらく、「タブ譜」が身近にあることで、読譜から遠ざかってしまいがちです。

段階的なフレーズトレーニングを通して徐々に読んでいく

読譜の力を向上させるには、とにかく沢山五線譜を読んで慣れるしかなく、本書はその練習用として活用できるはずです。

バークリー監修のギター教則本として有名で、洋書でありながら、現在のバージョンではDVDが付いています。

収録時間数はなんと14時間。なかなかのボリュームです。

DVDでの解説は英語で行われますが、あくまで演奏がメインとなるためそこまで難しいことは語られず、また解説のスピードもゆっくりなため、英語が苦手な方もなんとか馴染めるはずです。

エレキギターの、どちらかというとジャズ寄りの教則本ですが、純粋なギタートレーニング本を探している方にもお勧めできる内容です

A Modern Method for Guitar (Method (Berklee Press))
(Amazon)