作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

書籍:『A Modern Method for Guitar』

time 2016/05/15


(画像元:Amazon)

ギター弾きにとって楽譜はなかなか読みづらいものです。それはタブ譜という存在があったり、かつギターでは同音異弦(異フレット)という解釈があって、同じ音がフレット上のいろいろなところにあることでどこを弾けばいいかわからないとか、ギターならではのやり辛さが関係していると思っています。

読譜はとにかく沢山やって慣れるしかない、ということで、自分がその練習用としておすすめしたいのが本書です。バークリー監修の教則本として有名で、洋書ですが現在のバージョンではDVDが付いています。その収録時間数はなんと14時間、というからなかなかのボリュームです。

DVDの解説も英語ですが、あくまで演奏がメインのためそこまで難しいことは語られませんし、なによりしゃべりもゆっくりなので馴染めると思います。エレキギターの、どちらかというとジャズ寄りの教則本で、読譜を強化したい、という人に是非見てもらいたい本です。

A Modern Method for Guitar (Method (Berklee Press))
(Amazon)



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

オンライン授業で作曲がわかる
インターネット環境があれば全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索