(画像元:Amazon)

ギター弾きにとって楽譜はなかなか読みづらいものです。それはタブ譜という存在があったり、かつギターでは同音異弦(異フレット)という解釈があって、同じ音がフレット上のいろいろなところにあることでどこを弾けばいいかわからないとか、ギターならではのやり辛さが関係していると思っています。

読譜はとにかく沢山やって慣れるしかない、ということで、自分がその練習用としておすすめしたいのが本書です。バークリー監修の教則本として有名で、洋書ですが現在のバージョンではDVDが付いています。その収録時間数はなんと14時間、というからなかなかのボリュームです。

DVDの解説も英語ですが、あくまで演奏がメインのためそこまで難しいことは語られませんし、なによりしゃべりもゆっくりなので馴染めると思います。エレキギターの、どちらかというとジャズ寄りの教則本で、読譜を強化したい、という人に是非見てもらいたい本です。

A Modern Method for Guitar (Method (Berklee Press))
(Amazon)


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室