(画像元:Amazon)

『実践コードワーク』のアレンジ編はその名のとおりアレンジに関するさまざまな事柄を扱った内容で、前述の「理論編」とあわせてこちらもまた独学者のみなさんに親しまれています。

リズムや音の配置、音と音の重なり方など、曲構築に直結したさまざまなアイディアを提示していて、ブラスやストリングスなど楽器ごとの特性を考えたアプローチも譜例を使って丁寧に解説されています。

また鍵盤楽器におけるボイシングの箇所では、聴きなれたコードからいくつもの響きを体感することができて創作の刺激にもなるはずです。曲アレンジの基本的な部分をしっかりと押さえておきたい方にお勧めです。

「実践コード・ワークComplete アレンジ編」(Amazon)


「オンライン授業で作曲がわかる」

  click → うちやま作曲個人教室