(画像元:Amazon)

ロック・ポップスの分野においてロングセラーとなっている音楽理論書です。独学者に対しても丁寧な説明で、理論的な内容を扱いながらも文体が柔らかいため無理なく読み進めていくことが出来ます。

著者の篠田元一さんが鍵盤奏者であるため、そういったアプローチでの解釈が多く見られますが、ギターでの作曲やコード理解にも流用できる内容となっていて、私自身も何度も読み返しては理解を深めています。

真面目にしっかりとコード理論を学びたい独学者の方には、一番にお勧めしています。

「実践コード・ワークComplete 理論編」(Amazon)


作曲教室もやっています