(画像元:Amazon)

同じく音楽之友社から出版されている「DTMで学ぶオーケストレーション入門」ともつながる、オーケストラアレンジの手引書です。

こちらは主にオーケストラのスコアリングを軸に説明が進められており、ピアノ曲をオーケストラアレンジ等に書き換える「トランスクライビング」と、既存曲の「アレンジング」によりオーケストレーションの実際の手法が細かく語られています。

楽器ごとの音域や特性、弦楽器・木管楽器・金管楽器それぞれのパートの絡み合いなど、既成の楽譜を漠然と眺めていただけではわからない実践的テクニックはオーケストラアレンジを行う場合は勿論のこと、クラッシックを楽しむうえでも参考になるはずです。

譜例も豊富で、そのあたりの配慮も行き届いています。

「DTMによるオーケストレーション実践講座」(Amazon)


作曲教室もやっています