DTMでオーケストラを表現する事を目的に書かれた、「管弦楽法」にもつながるオーケストラアレンジの実用書です。

各楽器の性質、音域や得意/不得意、実際のテーマ部においての楽器の組み合わせなど、ロック・ポップスのブラス/ストリングスアレンジにも応用できる内容は躍動感のあるアレンジ作りに大きく役立ちます。

専門書のような硬さのない表現で読みやすさも兼ね備えています。

「DTMで学ぶオーケストレーション入門」(amazon)


作曲教室もやっています