(画像元:Amazon)

ありそうであまりないジャズアレンジの実用書です。内容は管楽器による複数編成のアレンジを主体として進められていきますが、それらアイディアは通常のロック・ポップスにも十分に応用できるものとなっています。

パートの数ごとにメロディの流れやコードの響きを考えたアレンジの例をいくつも掲載し、付属のCDで譜例を耳で確かめていくことも出来ます。

ジャズ特有のテンションボイシングについて、より詳細に理解を深めていきたい方にお勧めの書籍です。

「実用ジャズ・アレンジメント」(Amazon)


作曲教室もやっています