(画像元:Amazon)

DTMやバンドアンサンブルなどでアレンジをしていると、コード進行以上に、ベースラインや主メロを引き立てるカウンターメロディのアレンジについて悩んでしまうひとが案外多くいるはずです。

そんな方の打開策になるかもしれないのが「対位法」の概念で、本書ではクラシックで扱われる「対位法」をポピュラーの分野で活用するための手法が語られています。

例えば、ボーカルに対してリードギターで伴奏するとき、そこにはスケールなどの気遣いがありながらも、根本的には「メロディが動いたらギターは動くな、メロディが止まったらギターは動け」というやり方に尽きるところがあって、これも対位法的発想によるものです。

こちらの書籍では、そういった実践的な活用方法や、さらには三声以上の対位法についても解説があって、それらはボーカル、ベース、ギター、など、メロディを奏でる三つの楽器アレンジにも応用できると感じました。

旋律をアレンジするための基礎を身につけたい方に、おすすめです。

コード&メロディで理解する 実践!やさしく学べるポピュラー対位法
(Amazon)



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。