■「自分ならこうする」が力になる

作曲の判断力を高めるために、前述した「『いい曲』をリストアップする曲分析」と併せておすすめなのが「良いと思わない曲」の分析です。

日々出会う「それほど印象に残らない曲」に対して「なぜ印象に残らないのか」という観点で向き合っていきます。

「良いと思わない曲の分析」では、曲の一部分について「○○が悪い」と明確に言い切るのは難しいため、「この部分を自分ならこうする」というやり方で取り組んでいくと比較的スムーズに分析作業を進めていくことが出来るはずです。

■出会う音楽に対する基本姿勢

意図せず耳に入る音楽に「自分ならこうする」という姿勢で向き合うやり方はいつでも手軽に実践することができます。

日ごろからこの聴き方を基本姿勢として、常にシミュレーションをしながら音楽に向かい合っていけるようになると理想的です。


作曲教室もやっています