■良い音楽の効能

良い音楽を生むためには良い音楽に触れることが大切です。作曲とは「聴いてきた音楽を自分の中で加工して外に出す作業」であるため、どれだけ沢山の音楽に触れてきたかによって必然的に作業効率も変わっていきます。

自分の中に記憶されているメロディのストックが多ければ多いほど作曲の際の選択肢は増えます。これは単に「子供より大人のほうが言葉を知っている」ということと同じで、読み書きしてきたものが多いほどボキャブラリーが豊富だということは作曲に対しても言えることです。

■いかに沢山感動するか

そして、作曲のために音楽を聴く場合には「いかに感動するか」ということがポイントとなります。

聴いてきた音楽に感動させられるほどそのメカニズムに触れることになり、感動のさまざまなパターンを体感して仕組みと効果を把握することで、それが「作曲の方法論」として身についていきます。

「良い音楽を作りたい」と考えているのなら何よりも「良い音楽を聴くこと」をおすすめします。すべてはここから始まります。


作曲教室もやっています