作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

メロディを作る練習~その2~

time 2005/12/19

■体を「作曲するための体」に調整する

メロディを作る練習は訓練という以外にも「作曲前のウォーミングアップ」として効果があります。スポーツ選手が試合前に準備運動をして体を慣らするように、作曲でも同じく体を「作曲するための体」に調整する作業が意味を持ちます。

実際の作業の前に「メロディを作る練習」を行うことで、メロディを発することが体に、次々メロディを変えていくことが頭に働きかけて、創作がはかどることを体感できるはずです。

■『メロディ語』

作曲家の林哲司さんは著書『新・ポップス作曲法』の中で、「誰もがメロディ語を持っている」と述べています。

「沢山の音楽に触れることで誰しもが自然とメロディを創作出来るようになる」、「言葉と同じようにその『入力・発音』積み重ねていくことで、まるで話をするように次々とメロディを生み出していく事が出来るようになる」というその考えはメロディ作りの真髄を簡潔に表現しています。

メロディを生み出す技術は日頃からの訓練によって自然と上達していきます。自分たちが普段話している言葉と同じような感覚で常にメロディを発するよう心がけて、鼻歌を口ずさむような感覚で気軽に向き合っていけば毎日の訓練も自然と楽しめるようになるはずです。



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

オンライン授業で作曲がわかる
インターネット環境があれば全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索