気持ちの持ち方 | 将来への不安(その4)

行動するほど実現に近づく

例えば「楽器を上手に弾けるようになりたい」と思っているのなら、上手に演奏する為にどうすればいいかを考えて、理想的な演奏を目指して何度も繰り返し練習をしていくことで技術を高めていくことができます。

沢山練習をすれば技術は必然的に上がっていくもので、これは誰もが疑いなく理解していることです。

作曲活動もこの「楽器の例」と同じことがいえます。

「大衆に認められたい」とか「もっと上手に作曲できるようになりたい」、「大きな仕事をしたい」と思っているなら、どうすればいいかを常に考えて、作曲とそのための考えや行動を何度も重ねていくことでそれを実現することができます。

楽器を数日練習したところで得られる技術がわずかなものであるように、作曲についても少し動いたところですぐに成果が得られるということはありません。目標を高く置くほど、それには沢山の行動と考える時間が必要になります。

やれば必ずできる、ということを理解する

そしてポイントとなるのは、「楽器の例」と同様に、沢山行動すれば必ず出来るということを理解することです。「楽器の例」で疑いなく理解していることをこちらにも流用してください。→次項『将来への不安~その5~』