どんな状況にも応用できる気持ちの持ち方

「人間が頭で考えられることはすべて実現できる」という言葉があります。

それは今日まで生まれてきたいくつもの優れた文化、テクノロジー、医学、芸術などを見ることで理解できます。「こうなれたらいいな」、「こんなものがあったら便利だな」という思いが次々と現実のものになっています。

前述したように「自分が本当にやりたいこと」を本気で考えて、そのために必要な行動を取っていけば必ず変化が起こるものです。「この先どうなってしまうんだろう」という不安は「どのようにも出来るんだ」という前向きな気持ちに置き換えることができます。

「自分は平凡な人間だから」とか「自分の生活はこんなものだ」と、自分以外に主導権を握られるような暮らし方をした時点で、毎日や未来が物凄くつまらないものになってしまいます。

「自分がなりたいものになることが出来る」ということを理解して、その為の姿勢を正しく持ち続けることが大切です。

目標に対して自信を無くしてしまったとき、何かに挫折してしまったとき、将来に漠然と不安を抱いてしまったとき、このように考えることが出来れば、どんな状況に立たされても必ず乗り越えていくことができます。


作曲教室もやっています