気持ちの持ち方 | 曲に自信がないときは、自分の中に判断材料が無いだけ

「作りたいのに作れない」の正体とは?

自分の中に「引き出し」がないことが主な原因

作曲をやっていると、自分の作ったメロディに自信が持てなくて、「これでいいのか?」と作業を止めてしまうことがあります。

これは、主に作曲に慣れてきたころに多い症状ですが、中には最初から「作りたいのに作れない」に陥る人も多いです。

その場合のほとんどは自分の中に引き出しがないことが原因です。

作曲や、メロディ、コード進行のパターンなどをあまり知らない状態で「これで正しいのだろうか」と悩んでいる状態は、ものさしがないのに何かを計測しようとしている状態に似ています。

まずは他人の曲を沢山聴こう

判断をするにはそのための材料が必要で、「何が良い・何が良くない」という判断材料をしっかりと持っていれば、それが出来なくて混乱してしまったり、自分の曲にいつまでも自信が持てない、という状況は必然的に減っていきます。

そのために一番効果的なのは「他人の曲を分析する」という行為ですが、「分析」という仰々しい作業ではなくても、とにかく音楽を幅広く、沢山聴くだけでも判断力はそこそこ強化されていきます。

「自分の曲に自信がない」という人に限って、狭い範囲で、いつも同じ音楽ばかりを聴いているものです。

みなさんはここ一か月で、アルバムにして4~5枚の新しい音楽に出会いましたか?

音楽を幅広く聴いて、メロディ、コード進行、アレンジなどのいろいろなパターンに触れること、さらにはそれらがどうなっているのかを分析すれば、自然と自分のイメージする音楽が作れるようになっていきます。

「自分の作る曲に自信が持てない」という人は、今日からでも明日からでも、とにかく沢山、いろいろな音楽を聴くように心がけてください。