作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

自分の作品に自信がない

time 2016/03/09

sponsored link

「表現したい」がそのまま創作意欲になる

アーティストは多かれ少なかれ自分のセンスに自信を持っているもので、それを「表現したい」という気持ちがそのまま創作意欲につながっているとも言えます。

作曲を始めて間もない頃はまだものの良し悪しを見分ける力が無く、また新鮮なアイディアがいくつも思いつくため、作曲者は純粋で、自分の曲に大きな自信を持っています。

経験をつむと無くなる自信

これが作曲に慣れだした頃になると、いろいろなパターンの曲作りを経験してアイディアはほぼ出し尽くし、自分の技術の程度も知ってしてしまうことで初めの頃ほど自作曲に自信が持てなくなってしまいます。

どうせ大した作品は出来ない、という後ろ向きな気持ちばかりが先行してしまって、作業が進まず、作りたいけれど作れない、という悪循環に陥ってしまいます。→次項『自分の作品に自信がない~その2~』



【誰かに作曲を教わりたいあなたへ】
オンライン授業で全国どこからでも受講が可能です。
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

誰かに作曲を教わりたいあなたへ
オンライン授業で全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索