「絶対にできる」だけでは不十分

何かを達成したり、現状を変えたりするためには「必ずできる」という信念が必要です。自分には向いていない、とか、きっとできないだろう、という後ろ向きな考えは目標達成を不可能にしてしまう要因となります。

そして、「必ずできる」という考えとあわせて大切なのが「行動をする」ということです。

B・スイートランドは著書『信念をつらぬく』の中で

「『私はできる』という自覚を持つことは『鉄砲に弾丸をこめること』である。『私はやる』という決意することは『引き金を引くこと』である。」

と述べています。的を射抜くには引き金を引かなければならず、いくら「必ずできる」という考えをもっていたとしても、それを行動に移さない限り(引き金を引かない限り)目標は達成されないのだということを述べています。

現状を変えたいと願い、そして、変えることができる、とわかっていながらも、行動に移さないことで環境に変化が起こらずみじめな気分を味わっている人は多くいるはずです。

自分を信じることに加えて「行動をする」ということの大切さも理解したうえで、この二つを共に高めていくように目標達成に向けて積極的に取り組んでください。


作曲教室もやっています