ダイアトニックコード上の「V」は、さらに三度上の音を付加して「V7」とすることでより不安定な響きを演出することができます。

キーC での例


ドミナントコードにセブンスの音が加わっているため「ドミナントセブンスコード」という呼び名で扱われています。

ドミナントモーション

ドミナントセブンスコードは通常のドミナントコードよりもさらに不安定な響きを持っており、それが「I」(トニック)への強い解決をうながします。

リスナーはドミナントセブンスコードの響きを聴いた時点で「すごく不安定=早く解決してほしい」という印象をいだくため、ドミナントセブンスコードの直後に「I」を配置して、明確な安定を提示することで「不安定→安定」という曲展開を演出することができます。

キーC での配置例
  • V7 → I (G7 → C)

この「ドミナントセブンスコード→トニック」というコードの展開は「ドミナントモーション」と呼ばれ、コード進行が持つドラマを操ることができることから理論的に重要な手法として位置づけられています。

→次項『セカンダリードミナント』


作曲教室もやっています