音楽理論 | ブルースコード

こちらではブルースの曲調に活用されるコード進行について解説していきます。

あわせて、記事最後では動画による解説も行います。

ブルースコードの概要

ダイアトニックコード内の「I」「IV」を四和音として表現する場合、通常は「長七度」が付加されメジャーセブンス「IM7」「IVM7」として活用されます。

下記はキー=Cにおける「IM7」「IVM7」と、その構成音を表したものです。

CM7(IM7)=ド、ミ、ソ、シ
FM7(IVM7)=ファ、ラ、ド、ミ
上記とは別に、ブルースの曲調においてはそれらに「短七度」が付加された「I7」「IV7」を活用することがあります。

下記は同じくキー=Cにおける「I7」「IV7」と、その構成音を表したものです。

C7(I7)=ド、ミ、ソ、シ♭
F7(IV7)=ファ、ラ、ド、ミ♭
「〇7」となることで、それぞれのコードにおいて「シ」「ミ」がフラットしていることがわかります。

これらの音はメジャースケール内における「短七度」「短三度」となり、一般的に「ブルースらしい響きを持った音」(=ブルーノート)であるとされています。

ブルースらしい曲調を演出する際にはこれら「I7」「IV7」のコードが頻繁に活用され、それらは通常の「I」「IV」と同じ位置づけで扱われます。

「サウンドにブルースらしい雰囲気を出すため『I』『IV』のそれぞれを『I7』『IV7』にすることができる」と覚えると把握しやすいはずです。

ブルースコードの利用例

ブルース進行における「I」と「IV」を「〇7」にする

既に述べた通り、「I7」「IV7」それぞれのコードは通常の「I」「IV」と同じ位置づけで扱われます

下記はブルースセッションなどで頻繁に活用される12小節のコード構成を表したもの(キー=C)です。

C7 → F7 → C7 → C7
→ F7 → F7 → C7 → C7
→ G7 → F7 → C7 → C7

「C(I)」「F(IV)」「G(V)」の三つのコードのみによる12小節の構成であるため、これを「スリーコード・12小節」などと呼んだりします。

冒頭でご説明した通り「C」「F」のそれぞれは「C7」「F7」として扱われています。

「C」「F」を使った構成に比べて、それぞれの短七度の音によってブルージーな雰囲気が生まれていることがわかります。

また、ここにある「G7」はドミナントセブンスとしてダイアトニックコード内の四和音として従来より扱われているものと同じです。

ここでの例のように、スリーコード・12小節でブルース進行を作る場合、「スリーコードのすべてを『〇7』とする」という感覚で、「I7」「IV7」は慣例的に使用されます。

一般的なコード進行における利用

上記のブルース構成以外にも「I7」「IV7」は活用されます。

下記は、一般的なダイアトニックコードの構成の中で「IV7」を活用したコード構成例(キー=C)です。

C → Am → F7 → G7
(I → VIm → IV7 → V7)
実際に音を聴くことで、「F7(IV7)」が持つブルージーな響きを体感できるはずです。

この例においても、あくまで「F7(IV7)」は通常の「IV」と同じくサブドミナントの機能を持つコードとして使用されます。

「ブルース的な雰囲気を出す」という意図から、装飾的に「〇7」の形が導入されています。

動画で解説

文章ではよくわからない!」という方のために、下記動画でもブルースコードについて、実演を交え解説しています。

是非参考にしてみてください。

まとめ

下記はブルースコードののまとめです。

  • 「I」「IV」を「I7」「IV7」として利用することが出来る
  • 上記それぞれのコードには「ブルースっぽい音」が含まれるので、それらを使用することでブルージーな雰囲気を出すことが出来る
  • スリーコード・12小節の構成では、頻繁にすべてのコードをセブンスとする
  • 一般的なコード構成でも「I7」「IV7」を使用することで部分的にブルース的な雰囲気を盛り込むことが出来る

特に、ロック的な雰囲気を持った曲の、コード進行のアクセントに重宝するはずです。

気軽に活用しながら、その響きを体感してみて下さい。

スリーコード・12小節はコード進行の定番です。