音楽理論 | 代理コード

ポップスやロックの作曲で登場する「代理コード」という言葉。

こちらのページでは「代理コード」とはそもそもどのようなコードのことを指すのか、ということについて解説します。

記事後半では「代理コード」の主な使用方法についてもあわせてご紹介していきます。

スリーコードと似た構成音を持つコード

※前提として、「ダイアトニックコード」「スリーコード」について詳しくわからない、という方はまず下記のページをご参照ください。

音楽理論 | ダイアトニックコードとスリーコード

スリーコードに含まれる「I」「IV」に対して、ダイアトニックコードの「VIm」および「IIm」は、それに似た構成音を持っています。

下記は、各コードの構成音(キー=C)の比較です。

構成音の比較:キー=C

  • 「C」(I)の構成音:、ソ
  • 「Am」(VIm)の構成音:ラ、
  • 「F」(IV)の構成音:ファ、ド
  • 「Dm」(IIm)の構成音:レ、ファ
「CとAm(IとVIm)」「FとDm(IVとIIm)」のそれぞれにおいて、共通した構成音が存在しています。

これは、「似たような響きを持っている」ということを意味しており、コード進行構築の際にお互いを置き換えて使用することができる、ということにつながります。

コードが持つ機能も維持される

この例での「C(I)」は「トニック(安定)」、「F(IV)」は「サブドミナント(一時不安)」という機能を持っています。

前述の置き換えコード「Am(VIm)」や「Dm(IIm)」もそれらと似た響きを持つことから、同じように「Am(VIm)=トニック」「Dm(IIm)=サブドミナント」として、機能的に分類することが出来ます。

これら「VIm」「IIm」は、スリーコードである「I」「IV」の代理をすることができるため「代理コード」と呼ばれています。

ダイアトニックコード内のその他コードも含め、すべてのコードを「スリーコード」と「代理コード」の観点で整理すると下記のように分類できます。

代理コードによるコード置き換えの例

「IV」を「IIm」に置き換える

スリーコードから代理コードへの置き換え実施例(キー=C)を下記にまとめました。

下記は、スリーコードのみによる構成と、そのうちの「IV」を「IIm」に置き換えた構成の比較です。

スリーコードのみによる構成

C → F → G → C
(I → IV → V → I)

「IV」を「IIm」に置き換えた構成

C → Dm → G → C
(I → IIm → V → I)
コード置き換えにより「Dm → G」(サブドミナントからドミナント)の流れが強進行となっています。

あわせて「C → Dm」もベース音が順次上行することで、全体を通してすっきりとした響きにまとまっています。

※強進行について、詳しくは下記をご参照ください。
音楽理論 | 強進行

「I」を「VIm」により延長させる

下記は、上記置き換え後のコード構成と、「I」の直後に「VIm」を挿入してトニック部分を延長させた構成例の比較です。

「IV」を「IIm」に置き換えた構成

C → Dm → G → C
(I → IIm → V → I)

「I」の直後に「VIm」を挿入した構成

C → Am → Dm → G → C
(I → VIm → IIm → V → I)
トニックを二つのコードにすることで、より変化のある構成を作っています。

また「Am → Dm」の流れが強進行となり、直後の「Dm → G」も既に述べた通り強進行であるため全体が結びつきの強いコード進行としてまとまっています

この構成はルートの動きから「いち(I)・ろく(VI)・に(II)・ご(V)」(いちろくにいご)という呼び名で親しまれるコード進行で、作曲やセッションの場で広く使用されています。

「循環コード」とも呼ばれます。


「コードの機能」と「代理コード」の概念を理解することで、ひとつのメロディに対して、代理コードを利用しながらいろいろなコード進行を検討していくことができるようになります。

コードの響きやベースラインなどを踏まえて、メロディに対して意図的にコードを構築していくことで、質の高い作品づくりを心がけてください。

「代理コード」はスリーコードの次なるステップです
次の記事では、コード進行の中で特に重要なコードの結びつきである「ドミナントモーション」について解説しています。→ 次の記事「音楽理論 | ドミナントセブンスとドミナントモーション」