作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

クリシェ~その2~

time 2016/02/19

sponsored link

クリシェの応用

前述の基本的な手法以外にも、実際の曲中ではクリシェをその曲に合った形に変化させて利用する事があります。

VImの一度音下降型クリシェの応用例1:キーC

[変形前]Am → AmM7 → Am7 → Am6

[変形後]Am → AmM7onG# → Am7onG → Am6onF#

上記の例は一度音下降型のクリシェの構成ですが、ここでは内声として変化している一度の音をベース音にも当てはめて、二つ目のコード以降を分数コードにしながら、ベースが半音ずつ下降していくよう展開させています。

通常のクリシェが根音を保持して安定感を保つのに対して、ベースラインが動くことで「コードが展開している」という印象を与え、半音進行の構成音の変化をより際立たせることができます。

さらに、上記例でのベース音の動きを活用しながら、それを次なるコード展開の足がかりとする手法も見かけることが出来ます。以下がその例です。

VImの一度音下降型クリシェの応用例2:キーC

  • Am → AmM7onG# → Am7onG → Am6onF# → F → E7

コード進行全体を通して、ベース音が「A」から「E」まで半音ずつ下降しています。クリシェの半音進行の流れを活用しながら、そのまま「F」以降へ展開させることで、コード同士のつながりを違和感無く提示することが出来ています。

上記以外にも、クリシェは曲の中でいろいろな形に応用されていくため、基本となる半音下降/上昇のクリシェをもとに、コード進行のいろいろな可能性を探ってみてください。

(動画でも解説しています【動画で作曲講座:クリシェ】)



【誰かに作曲を教わりたいあなたへ】
個人授業、70分でしっかり上達できます。
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

誰かに作曲を教わりたいあなたへ
個人授業、70分でしっかり上達できます。※東京の作曲教室ですが、遠方の方もお気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

東京都在住、静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索