ダイアトニックコードの中でも、特に「I」「IV」「V」の三つのコードは主要なコードとして「スリーコード」という呼び名で扱われます。スリーコードはそれぞれに機能を持っていて、それら三つのコード機能はコード進行構築の基本となります。

「I」「IV」「V」とそれぞれが持つ機能:キーC
  • 「I(C)」= 安定(トニック:T) 「落ち着く」
  • 「IV(F)」= 一時不安(サブドミナント:SD) 「少し落ち着かない」
  • 「V(G)」= 不安(ドミナント:D) 「落ち着かない」

三つのコード機能を把握した上で「安定」「一時不安」「不安」のそれぞれの雰囲気を操りながらコードをつなげていくことで、コード進行のストーリーを演出していくことができます。

コード機能によるストーリーは「安定(トニック)に回帰する」ことを基本として、最小構成で主に以下の三種類に分類されます。(カデンツ)

  • 「T-D-T」(C → G → C)
  • 「T-SD-D-T」(C → F → G → C)
  • 「T-SD-T」(C → F → C)

※「D」(不安)は「T」(安定)をもとめることから(D、Tをセットで)「D-T」という構成が基本となりますが、「D-SD」という進行もロック/ポップスでは頻繁に利用されています。

→次項『代理コード』


作曲教室もやっています