■単純なコード進行をひとひねり

作曲をしているとどうしても自分のクセが出てしまい、出来上がる曲のコード進行がいつも似たようなものになってしまう、ということがよくあります。

また思いついたメロディに「音が合っているから」という理由でなんとなくコードを付けている場合など、コードそのものに意思を持てていないこともあるはずです。

そんな時はそのコードを別のものに置き換えて(リハーモナイズ)、いくつかの可能性を試してみてください。コードの響きや機能によって曲のイメージががらっと変わったり、新しい展開やメロディを思いついたりと、リハーモナイズは作曲のバリエーションを広げてくれる便利な概念です。

■リハーモナイズの基礎

リハーモナイズを行っていくうえで基礎となるのが「とにかく似ているコードに置き換える」ということです。置き換える前と後のコードを構成音で確かめて、共通する音があり、且つそれがメロディに結びついていれば基本的にリハーモナイズが可能です。

【例】

  C=ド、ミ、ソ
  F=ファ、ラ、ド

例えば「ドー」のメロディに「C」というコードが付けられている場合、「F」にも「ド」の音が含まれているためコードを置き換えても響きは維持されるはずです。

一般的に「リハーモナイズ」というと理論が先行しがちですが、ロック・ポップスではもっと自由な発想で、理論的な説明を無視した「とにかくコードを置き換えること」をリハーモナイズとして扱って構わないと考えています。

それを踏まえた上で理論を知り「基本的に自由に、理論を活用できる時は理論的に」という取り組み方でリハーモナイズを行っていく方が、よりクリエイティブに作品を仕上げていくことが出来るはずです。→次項『リハーモナイズ~その2~』


作曲教室もやっています