■「I」を「VIm7」にする

もっとも簡単で、かつもっともリハーモナイズを体感できるのがコード進行上での「I」を「VIm7」にするという方法です。例として、キーCでの「I」と「VIm7」それぞれのコード構成音は以下ようになっています。

 「I」=コード「C」
   構成音…ド、ミ、ソ
 「VIm7」=コード「Am7」
   構成音…ド、ミ、ソ、ラ

コード「Am7」は、コード「C」に「ラ」の音が足されているだけだということがわかります。Am7はCの構成音すべてを持っているため、Cで歌えるメロディのほとんどはAm7でも当てはめることが出来ます。リハーモナイズに実践した例は以下のとおりです。

 [前]C-F-G-C(I-IV-V-I)
 ↓
 [後]C-F-G-Am7(I-IV-V-VIm7)

ひとつのメロディを歌いながら伴奏だけ[前]と[後]で変えてみるとその効果がよくわかるはずです。[後]は最後にマイナーが挿入されているためメロディが切なく感じられます。個人的には[前]よりも[後]の方がその後の展開がありそうで、コード進行の表情が豊かになっていて好感が持てました。

■作曲・コード構築の常套句

上記の例以外にも、コード進行冒頭の「I(C)」をいきなり「VIm7(Am7)」にするという方法も取れます。どちらにしてもこの「I」を「VIm7」にするという手法は、手軽でどんな場面にも使えるオールマイティな手法であり、またリハーモナイズの基本的な部分でもあるため作曲の過程として当たり前に使いこなしていけるよう是非習得してください。→次項『リハーモナイズ~その3~』


作曲教室もやっています