作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

リハーモナイズ~その2~

time 2009/08/30

■「I」を「VIm7」にする

もっとも簡単で、かつもっともリハーモナイズを体感できるのがコード進行上での「I」を「VIm7」にするという方法です。例として、キーCでの「I」と「VIm7」それぞれのコード構成音は以下ようになっています。

 「I」=コード「C」
   構成音…ド、ミ、ソ
 「VIm7」=コード「Am7」
   構成音…ド、ミ、ソ、ラ

コード「Am7」は、コード「C」に「ラ」の音が足されているだけだということがわかります。Am7はCの構成音すべてを持っているため、Cで歌えるメロディのほとんどはAm7でも当てはめることが出来ます。リハーモナイズに実践した例は以下のとおりです。

 [前]C-F-G-C(I-IV-V-I)
 ↓
 [後]C-F-G-Am7(I-IV-V-VIm7)

ひとつのメロディを歌いながら伴奏だけ[前]と[後]で変えてみるとその効果がよくわかるはずです。[後]は最後にマイナーが挿入されているためメロディが切なく感じられます。個人的には[前]よりも[後]の方がその後の展開がありそうで、コード進行の表情が豊かになっていて好感が持てました。

■作曲・コード構築の常套句

上記の例以外にも、コード進行冒頭の「I(C)」をいきなり「VIm7(Am7)」にするという方法も取れます。どちらにしてもこの「I」を「VIm7」にするという手法は、手軽でどんな場面にも使えるオールマイティな手法であり、またリハーモナイズの基本的な部分でもあるため作曲の過程として当たり前に使いこなしていけるよう是非習得してください。→次項『リハーモナイズ~その3~』



「オンライン授業で、曲の作り方がわかる」
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

オンライン授業で作曲がわかる
インターネット環境があれば全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索