■「IV」を「IIm7」にする

「IV」を「IIm7」にするという手法もリハーモナイズの考え方として一般的です。基本的な概念は前述の『IをVIm7にする』と同じで、メジャーコードをダイアトニックコード内の構成音が似ているマイナーコードへ置換しています。例としてキーCでの構成音は以下のとおりです。

 「IV」=コード「F」
   構成音…ファ、ラ、ド
 「IIm7」=コード「Dm7」
   構成音…ファ、ラ、ド、レ

こちらも同様に、コード「Dm7」はコード「F」に「レ」の音が足されているだけだということがわかります。Dm7はFを内包しており、Fで歌えるメロディのほとんどはDm7でも歌うことが出来ます。コード進行上での例は以下のとおりです。

 [前]C-F-G-C(I-IV-V-I)
 ↓
 [後]C-Dm7-G-C(I-IIm7-V-I)

メロディを合わせて確認してみると、前述の『IからVIm7』と同じ概念でのリハーモナイズでありながら、『IからVIm7』は「マイナーになった!」とすぐに体感できるのに、こちらは[前][後]弾き比べてみてもそこまで違いが体感できません。それでも効果は確かにあって、さりげない違いでありながら[前]よりも[後]の方がどこか洒落た雰囲気を持っていると感じられます。

■洗練された雰囲気を加えたい時は「IV」を「IIm7」へ

「メロディはそのままで曲のムードを少し大人びたものにしたい」という場合などにはこの手法が効果を発揮します。反面「IV」は主にパートの途中で使われるため、「IIm7」へ置換する際には前後の関係を考え、安易なリハーモナイズによってコード進行の流れを崩してしまわないよう注意をする必要があります。→次項『リハーモナイズ~その4~』


作曲教室もやっています