作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

リハーモナイズ~その3~

time 2009/08/30

■「IV」を「IIm7」にする

「IV」を「IIm7」にするという手法もリハーモナイズの考え方として一般的です。基本的な概念は前述の『IをVIm7にする』と同じで、メジャーコードをダイアトニックコード内の構成音が似ているマイナーコードへ置換しています。例としてキーCでの構成音は以下のとおりです。

 「IV」=コード「F」
   構成音…ファ、ラ、ド
 「IIm7」=コード「Dm7」
   構成音…ファ、ラ、ド、レ

こちらも同様に、コード「Dm7」はコード「F」に「レ」の音が足されているだけだということがわかります。Dm7はFを内包しており、Fで歌えるメロディのほとんどはDm7でも歌うことが出来ます。コード進行上での例は以下のとおりです。

 [前]C-F-G-C(I-IV-V-I)
 ↓
 [後]C-Dm7-G-C(I-IIm7-V-I)

メロディを合わせて確認してみると、前述の『IからVIm7』と同じ概念でのリハーモナイズでありながら、『IからVIm7』は「マイナーになった!」とすぐに体感できるのに、こちらは[前][後]弾き比べてみてもそこまで違いが体感できません。それでも効果は確かにあって、さりげない違いでありながら[前]よりも[後]の方がどこか洒落た雰囲気を持っていると感じられます。

■洗練された雰囲気を加えたい時は「IV」を「IIm7」へ

「メロディはそのままで曲のムードを少し大人びたものにしたい」という場合などにはこの手法が効果を発揮します。反面「IV」は主にパートの途中で使われるため、「IIm7」へ置換する際には前後の関係を考え、安易なリハーモナイズによってコード進行の流れを崩してしまわないよう注意をする必要があります。→次項『リハーモナイズ~その4~』



【誰かに作曲を教わりたいあなたへ】
オンライン授業で全国どこからでも受講が可能です。
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

誰かに作曲を教わりたいあなたへ
オンライン授業で全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索