■「V7」を「IIm7-V7」にする

ジャズなどで良く使われるリハーモナイズの手法としてドミナントセブンスのツーファイブ化が挙げられます。あるひとつのドミナントセブンスを、そのドミナントセブンスに向かうサブドミナントとしての「IIm7」と組み合わせて分割する、という手法です。

この手法については構成音などについて仕組みを知るより「とにかくツーファイブに変換できる」とそのまま覚えてしまった方が効率的です。(リハーモナイズ後も元々あるドミナントセブンスが使われているため。)

下記、実際のコード進行での例です。

 【キーC】

  [前]C-Am-G7-C(I-VIm-V7-I)
  ↓
  [後]C-Am-Dm7・G7-C(I-VIm-IIm7・V7-I)

「G7」が「Dm7・G7」に分割されています。実際にコード進行を鳴らしてみると、コードがひとつ増えた分展開が多彩になり響きが派手になった、という印象を持ちました。ただこの例ではリハーモナイズがあまりに直接的すぎるため効果はわかりにくいかもしれません。

■いろいろなドミナントセブンスをツーファイブに

この「ドミナントセブンスのツーファイブ化」というリハーモナイズのポイントは「セカンダリードミナントにも適用できる」というところにあります。違う例で下記のコード進行をもとに考えてみます。

  [前]C-F-G7-C(I-IV-V7-I)

スリーコードのシンプルなコード進行ですが、これを少し変形させて「F(IV)」の前にセカンダリードミナントが挿入されているとします。(下記)

  [前(変形)]C-C7-F-G7-C(I-I7-IV-V7-I)

Cメジャーのダイアトニックコードにない「C7」が使われています。ここで本題である「ドミナントセブンスのツーファイブ化」を実施します。下記がリハーモナイズの例です。

  [前]C-C7-F-G7-C(I-I7-IV-V7-I)
  ↓
  [後]C-Gm7・C7-F-G7-C(I-Vm7・I7-IV-V7-I)

セカンダリードミナントの「C7」をドミナントセブンス(V7)と見立てて、それに連結されるIIm7(Gm7)が挿入され「C7」が「Gm7-C7」に分割されました。

ダイアトニックコードにない「Gm7」がひとつ加わるだけでそこが部分転調のような役割になり、展開にひねりが加わってコード進行が複雑になったように感じられます。また手法はあくまでリハーモナイズ(コードの変換)であるため、メロディは元のままとどめておくことが出来ます。
(バックの耳慣れないコードを考えるとメロディ自体はシンプルなものでも問題ないかもしれません。)

ひとつのメロディを歌いながら[前][後]弾き比べてみるとリハーモナイズの効果が体感できます。

使い古されたコード進行から脱却する意味でもこの「ドミナントセブンスのツーファイブ化」は大いに習得する価値があります。この点においてはジャズのコードブックなどを音源と併せて聴いたり、また実際に楽器でそのコード進行を鳴らしてみることでより理解が深まるはずです。


作曲教室もやっています