ネット作曲教室はこちら

音楽理論 | セカンダリードミナントコード

セカンダリードミナントコードの概要

ダイアトニックコード内の「V7 → I」(キー=Cでいう「G7 → C」)の進行は、ドミナントセブンスコードがトニックに解決するため、強い結びつきを持ったコード進行として扱われます。

この概念(ドミナントモーション)を、ダイアトニックコード内の「I」以外のコードに活用するのが「セカンダリードミナントコード」です。

セカンダリードミナントコードは、ダイアトニックコード内の「IIm」「IIIm」「IV」「V」「VIm」「VIIm-5」を「仮のI」と見立てて、それらに対してドミナントモーションを形作ることで求めることができます。

セカンダリードミナントコードの割り出し方

例:「Cダイアトニックコード」の「IIm」(Dm)に対するセカンダリードミナントコードを割り出す。

  1. セカンダリードミナントコードはメジャー/マイナーを問わずに考えることができるため、「仮のI」をすべてメジャーに変換します。(この場合「Dm」はマイナーコードですが、ここでは「D」として考えます)
  2. 次に「D」を「I」として、そこから始まる「D ダイアトニックコード」を割り出します。
  3. 割り出したダイアトニックコードの「V7」(A7)が「仮のI」(D)に対するドミナントセブンスコード「仮のV7」となります。
  4. 「仮のV7」=「セカンダリードミナントコード」であるため、(本来の目的に戻し)Dm のセカンダリードミナントコードは「A7」である、ということがわかります。


「Cダイアトニックコード」における「Am」が「VIm」として表記されるように、上記で求めることができた「A7」は「VI7」として表記されます。

同じ手順によって、他コードに対するセカンダリードミナントコードを求め、すべてを一覧化したものが下記表です。

表に記載されている通り、一覧の中でも「IIIm」「VIIm-5」に対するセカンダリードミナントコードは使用頻度が低く、あまり見かけられません

セカンダリードミナントコードの使用方法

セカンダリードミナントコードの覚え方

前述の手順を踏むことで、どんなコードに対してもセカンダリードミナントコードを割り出すことができますが、作曲している曲によってキーが違ったり、さまざまなコード進行のパターンが想定される中で、使用の都度にこれをやっていると手間がかかってしまいます。

上記表にまとめられているように、セカンダリードミナントコードは、キーの中の「I7」「II7」「III7」「#IV7」「VI7」「VII7」であると言い換えることができます。

そのうえで、「IIIm」「VIIm-5」に対するセカンダリードミナントコード「VII7」と「#IV7」は使用頻度が低いため、それらを省くと、セカンダリードミナントコードとして使うことができるのは「I7」「II7」「III7」「VI7」である、と定義できます。

セカンダリードミナントコード=「I7」「II7」「III7」「VI7」
“ダイアトニックコード内にあるI、IIm、IIIm、VImを「〇7」の形にして使用できる”、と捉えると覚えやすいはずです。

キー=Cでの例
Cダイアトニックコード=「C, Dm, Em, F, G, Am, Bm-5」
このうち
  • 「C(I)」「Dm(IIm)」「Em(IIIm)」「Am(VIm)」

  • 「C7」「D7」「E7」「A7」
としても使用できる。

セカンダリードミナントコードの使用場所

前述したとおり、セカンダリードミナントコードはドミナントモーションの概念を活用した手法であるため、一般的に「仮のI」とセットで扱われます

下記はセカンダリードミナントコードを使用したコード進行の例です。

  • C → A7 → Dm → G(I → VI7 → IIm → V)
セカンダリードミナントコード「A7(VI7)」が、「仮のI」である「Dm(IIm)」に結びつく形で挿入されています

反面で、セカンダリードミナントコードは「仮のI」に結びつかない形で使用されることも頻繁にあります

下記はその例です。

  • C → D7 → F → G(I → II7 → IV → V)
この例にあるセカンダリードミナントコード「D7(II7)」は、本来「仮のI」である「G(V)」に結びつける形で使用するべきですが、ここでは、そうではない構成として「F(IV)」につなげています

セカンダリードミナントコードは、その響きにより「仮のI」が連想されるため、このような例の場合、「仮のIが来るかな」→「来なかった」という、裏切りのような感覚をリスナーにあたえることもできます。

まとめ

セカンダリードミナントコードとして使用できる「I7」「II7」「III7」「VI7」は、原則として「仮のI」に結びつくように使用すべきですが、そうではない使用も認められていることを考えると、コード進行の次なる一手として柔軟に活用できる、と捉えて支障ありません。

そのうえで、使用の際には必ず「仮のI」への進行を検討するようにして、状況に応じてそれを裏切る構成も検討できます。

  • セカンダリードミナントコードとして「I7」「II7」「III7」「VI7」が使用できる
  • 上記コードは、他コードと同じようにコード進行の次なる一手として平等に使用できる
  • 使用の際には「仮のI」に結びつけることを検討する。また、「仮のI」ではないコードに結びつけて使用しても構わない

次の記事 → 「音楽理論 | サブドミナントマイナー」

「音楽理論」の記事一覧