オンラインレッスンやっています

音楽理論 | セカンダリードミナントコード

こちらの記事では、コード進行の技法のひとつである「セカンダリードミナントコード」について、「そもそもセカンダリードミナントコードとは何か?」という観点から解説していきます。

また記事後半では、「セカンダリードミナントコードの覚え方」や「セカンダリードミナントコードをコード進行の中でどのように使用するのか?」という点についても、あわせて考えていきます。

セカンダリードミナントコードの概要

※「セカンダリードミナントコード」を理解する前に、「ダイアトニックコードって何?」「ドミナントセブンスって何?」という方は、下記記事をひととおり確認いただくと、本記事を理解しやすくなるかと思います。

参考

音楽理論 | ダイアトニックコードとスリーコードサイト内

参考

音楽理論 | ドミナントセブンスとドミナントモーションサイト内


セカンダリードミナントコード」は、ダイアトニックコードではないコード(ノンダイアトニックコード)として、ポップス、ロックにおいて頻繁に活用されています。

キー=Cでいう「G7 → C」というコード進行(ダイアトニックコード内の「V7 → I」)は、「G7」(V7)の不安定な響きが、「C」(I)という安定した響きに解決するため、強い結びつきを持ったコード進行として扱われます。

この概念を、「C」以外(ダイアトニックコード内の「I」以外)のコードに活用して導き出されるコードが「セカンダリードミナントコード」です。

セカンダリードミナントコードの成り立ち

「V7 → I」(キー=Cでいう「G7 → C」)というコードの動きは非常に結びつきが強いため、例えば「C」というコードがあった場合、「Cがあるならその直前にG7があっていいよね」という解釈が通用します。

セカンダリードミナントコードはこの発想をもとにしていて、例えば「Fがあったら?」「Gがあったら?」という風に、いろいろなコードを「V7 → I」の「I」と捉えて、その直前にある「V7」を導きます。

下記は、セカンダリードミナントコードの成り立ちの例です。

例:「Cダイアトニックコード」の「Dm」(IIm)に対するセカンダリードミナントコードを導く

  1. まず、セカンダリードミナントコードはメジャー/マイナーを問わずに考えるため、この場合の「Dm」は「D」とします。
  2. 次に「D」を「I」と捉えるため、「D」を「I」に持つ、「D ダイアトニックコード」を明らかにします。
  3. 「Dダイアトニックコード」の「V7」は「A7」であるため、「DがあるならA7があっていいよね」という解釈が成立します。
  4. 本来の目的に戻し、これにより「DmがあるならA7があっていいよね」ということにつながり、この「A7」が、「Dm」 のセカンダリードミナントコードである、と特定できます。


※「Dm」のセカンダリードミナントコードが「A7」である、と特定できる。

今回の例である「Cダイアトニックコード」では、「Am」は六番目のコード(VIm)となっているため、上記で求めることができた「A7」は「VI7」というように表記します。

「Cダイアトニックコード」のセカンダリードミナントコード一覧

上記手順によって、「Cダイアトニックコード」内の「I」以外のすべてのコードに対してセカンダリードミナントコードを求め、一覧化したものが下記表です。

この表からわかるとおり、「A7」「B7」「C7」「D7」「E7」「F#7」という六つのコードが導き出されました。

これらのコードは本来の「Cダイアトニックコード」には無いコードですが、前述の「〇〇があるならXXがあってもいい」という解釈から、同じようにコード進行の中で活用することができます

また、表に記載されている通り、一覧の中でも「IIIm」「VIIm-5」に対するセカンダリードミナントコードは使用頻度が低く、ポップスやロックではあまり見かけられません

セカンダリードミナントコードの覚え方と使用方法

セカンダリードミナントコードの覚え方

上記表にまとめられているように、セカンダリードミナントコードは、キーの中の「I7」「II7」「III7」「#IV7」「VI7」「VII7」であると言い換えることができます。

そのうえで、すでに述べたように「IIIm」「VIIm-5」に対するセカンダリードミナントコードは使用頻度が低いため、それらを省くと、セカンダリードミナントコードとして使うことができるのは「I7」「II7」「III7」「VI7」である、と定義できます。

セカンダリードミナントコード=「I7」「II7」「III7」「VI7」
“ダイアトニックコード内にあるI、IIm、IIIm、VImを「〇7」の形にして使用できる”、と捉えると覚えやすいはずです。

キー=Cでの例
Cダイアトニックコード=「C, Dm, Em, F, G, Am, Bm-5」
このうち
  • 「C(I)」「Dm(IIm)」「Em(IIIm)」「Am(VIm)」

  • 「C7」「D7」「E7」「A7」
としても使用できる。

セカンダリードミナントコードの使用場所

セカンダリードミナントコードは「V7 → I」の概念を活用した、「V7」の部分にあたるコードであるため、一般的に「I」のコードとセットで扱われます

下記はセカンダリードミナントコードを使用したコード進行の例です。

  • C → A7 → Dm → G(I → VI7 → IIm → V)
セカンダリードミナントコード「A7(VI7)」が、「仮のI」である「Dm(IIm)」に結びつく形で挿入されています

反面で、セカンダリードミナントコードは「I」に結びつかない形で使用されることも頻繁にあります

下記はその例です。

  • C → D7 → F → G(I → II7 → IV → V)
この例にあるセカンダリードミナントコード「D7(II7)」は、本来「I」である「G(V)」に結びつける形で使用するべきですが、ここでは、そうではない構成として「F(IV)」につなげています

セカンダリードミナントコードは、その響きにより「I」が連想されるため、このような例の場合、「Iが来るかな」→「来なかった」という、裏切りのような感覚をリスナーにあたえることもできます。

動画で解説

文章ではよくわからない!」という方のために、下記動画でもセカンダリードミナントコードについて、実演を交え解説しています。

是非参考にしてみてください。

まとめ

セカンダリードミナントコードとして使用できる「I7」「II7」「III7」「VI7」は、原則として「I」に結びつくように使用すべきですが、そうではない使用も認められていることを考えると、コード進行の次なる一手として柔軟に活用できる、と捉えて支障ありません。

そのうえで、使用の際には必ず「I」への進行を検討するようにして、状況に応じてそれを裏切る構成も検討できます。

  • セカンダリードミナントコードとして「I7」「II7」「III7」「VI7」が使用できる
  • 上記コードは、他コードと同じようにコード進行の次なる一手として平等に使用できる
  • 使用の際には「V7 → I」とした場合における「I」に結びつけることを検討する。また、「I」ではないコードに結びつけて使用しても構わない

次の記事では、セカンダリードミナントと同じくノンダイアトニックコードとして重要な「サブドミナントマイナー」について解説しています。→ 次の記事「音楽理論 | サブドミナントマイナー」