作曲教室 > 詳しくはこちら

セカンダリードミナントコード

ダイアトニックコード以外のコード=ノンダイアトニックコードを違和感なく登場させるために、コード同士を理論的に結びつける「ドミナントモーション」の手法を活用することができます。

曲中の「I」以外のコードを「仮のI」と見立てて、その場合の「仮のV7」を「セカンダリードミナントコード」として使用します。

セカンダリードミナントコードの例

「C ダイアトニックコード」の「IIm」(Dm)に対するセカンダリードミナントコードを割り出す。

  1. セカンダリードミナントコードはメジャー/マイナーを問わずに考えることができるため、「仮のI」をすべてメジャーに変換します。(この場合「Dm」はマイナーコードですが、ここでは「D」として考えます)
  2. 次に「D」を「I」として、そこから始まる「D ダイアトニックコード」を割り出します。
  3. 割り出したダイアトニックコードの「V7」(A7)が「仮のI」(D)に対するドミナントセブンスコード「仮のV7」です。
  4. 「仮のV7」=「セカンダリードミナントコード」であるため、(本来の目的に戻し)Dm のセカンダリードミナントコードは「A7」である、ということがわかります。

C ダイアトニックコード


セカンダリードミナントコードの表記

前項での例を「C ダイアトニックコード」に戻すと、「Dm」のセカンダリードミナントコード「A7」はキーC において「VI7」という風に表記されます。

  • キーC でのAm ・・・VIm
  • キーC でのA7 ・・・VI7

キーC でのIIm(Dm)を含むコード進行中に、IIm のセカンダリードミナントコード(VI7=A7)を配置した例では下記のような表記になります。

[配置前]I → IIm → V7 → I (C → Dm → G7 → C)

[配置後]I → VI7 → IIm → V7 → I (C → A7 → Dm → G7 → C)

ノンダイアトニックコードのVI7 がアクセントになり、個性のあるコードの展開が生まれていることがわかります。

→次項『強進行』