作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

コードの割り当て拍数~その2~

time 2016/02/07

sponsored link

コードチェンジは「展開」

「I LOVE YOU」の例では、曲の導入からサビまでに三つのパターンでコードの割り当てが行われていました。実際の曲ではこれ以外にも、シンコペーションを使って1.5拍や0.5拍のような細かい拍数でコードの割り当てを行ったり、それとは逆に二小節に渡って同じコードを保持するような構成も頻繁に見受けられます。

コードチェンジには展開を感じさせる働きがあるため、落ち着いた雰囲気を提示したい場合には、コードは長めの拍数に割り当てるほうが効果的でしょう。

同様に、コードチェンジが頻繁に行われることで、リスナーは「どんどん物語が進行していく」というような印象を持つため、速い展開を演出したいような場合には、それを踏まえたうえで構成を作りこんでいくことも可能です。

コードを割り当てる拍数を変える

ドラマチックな曲作りのために、コードを割り当てる拍数を場面に応じて変えることも必要です。

「I LOVE YOU」では

  • Aメロでは、コードが4拍をひとまとまりとして変わっていく
  • Bメロに入り、前半の二行でコードが2拍をひとまとまりとして変わっていく部分が提示される
  • Bメロ後半では、コードが1拍ごとに変わって行く部分が提示される
  • サビに入り、またコードは4拍をひとまとまりとして変わっていく

というように、コードを割り当てる拍数が場面ごとに変えられていました。

あわせて、使用する拍数や登場させる場所などに規則性を持たせることで、わかりやすさへの配慮も感じられます。



【誰かに作曲を教わりたいあなたへ】
オンライン授業で全国どこからでも受講が可能です。
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

誰かに作曲を教わりたいあなたへ
オンライン授業で全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索