サビは曲の象徴

サビの始まり

サビの始まりにはトニックが用いられることが多く、中でもIのコードから始まるサビは頻繁に見かけることが出来ます。

ブロックを安定感のあるコードから始めることで、その後の印象的な構成を作るための土台とできることや、前述したようにBメロの終わりをドミナントコードにすることで、サビへのつながりにドミナントモーションが活用できて、勢いをつけたままサビを始められる事などがその主な理由となっています。

また、サビの始まりに意外と多く使われているのがサブドミナントで、トニックとは少し違った雰囲気を持っているため印象付けるのに効果的です。この例の場合にはその後の構成の中であえてトニックを排除して、サビ全体を動的なものとして作り込んでいく手法がよく見かけられます。

サビの終わり

AメロからBメロ、サビを経由して締めくくりとなるのがこの部分であるため、リスナーに「落ち着いた」という印象を持たせるためにはトニックの使用が効果的です。ドミナントモーションを使って最後に安定感のあるIのコードを提示することで、一定のストーリーが無事に完結した、という印象を与えることが出来ます。

反面で、Iの使用があまりに普通だと感じる場合には、同じトニックでもVImを使って偽終止の構成を作ったり、あえてサブドミナントを使うことで個性的な構成を提示することも出来ます。



作曲教室もやっています