作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

ユーモアについて

time 2016/02/04

sponsored link

ユーモアの重要性

日ごろから制作を行っていると、世の中が評価している音楽とはどういうものなのか、ということをよく考えるもので、長く愛されている曲や価値観を変えてしまった曲の秘密をあれこれと考えていくと、ユーモアの大切さにいつも気づかされます。

ここで言うユーモアとは単におどけたことやふざけたことを指すのではなく、いわゆる「面白さ」を指しますが、上記のような曲やそれらを歌ったり演奏したりするアーティストの音楽性には必ず何かしらの「面白さ」があります。

またそこに、何かあるな、と思わせる余裕があったり、何だかよくわからないけど楽しい→もう一度聴きたい、というような不思議な中毒性のようなものを持っています。

リスナーは「ユーモア」を聴いている

リスナーは歌を聴き、メロディを聴き、アレンジを聴いていながら、実はその奥にあるユーモアを聴いているのではないか、とさえ思ってしまうほど、それは音楽に必要不可欠なものだど感じます。

逆を言えば、いくら華やかなアレンジで綺麗なメロディを聴かされても、また格好つけた曲でダンサブルなステージを見せられても、そこにユーモアがなければ心は動かされません。

表向き完璧を装った曲で、それでも中途半端な評価で終わってしまうような耳に残らない曲には大抵ユーモアが掛けているものです。→次項『ユーモアについて~その2~』



【誰かに作曲を教わりたいあなたへ】
オンライン授業で全国どこからでも受講が可能です。
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

誰かに作曲を教わりたいあなたへ
オンライン授業で全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索