作曲カウンセリング:作曲初心者・中級者向け情報サイト

作曲のやり方やコツ、音楽理論から気持ちの持ち方まで、作曲に関するいろいろなことを記事にしたサイト。作曲講座動画も随時更新中です。

メロディの形~その3~

time 2016/02/04

sponsored link

1.5拍+1.5拍+1拍型

曲を引っ張っていくような、勢いのあるメロディの形として「1.5拍+1.5拍+1拍型」を挙げることが出来ます。以下既存曲での例です。

(既存曲例)
■Mr.Children「Tomorrow never knows」サビ頭
「果てしなーい闇の向こうに~」(「はーてーしー」部分)

■小田和正「ラブストーリーは突然に」サビ頭
「あの日あの時あの場所で~」(「あーのーひー・あーのーとー・きー」以降)

■松浦亜弥「桃色片思い」サビ頭
「桃色の片思い」(「(休)ーもーもー・いーろーのー」部分)

「ターターター・ターターター」というようなシンコペーションのリズムを持ったメロディで、拍の頭で鳴るはっきりしたリズムと、その裏拍で作られるメロディの組み合わせによって細かい音符を潜在的に感じさせている、と個人的に解釈しています。

踊れるサンバのような、いわゆるノリの良いメロディの形で、上記例のどの曲もその性質をはっきりと感じることが出来ます。ぐんぐん前に進んでいくムードがあります。

サビあたまが効果的

勢いがあって引っ張られるように感じられるメロディであるため、強く印象付ける必要があるサビの頭にこの形がよく用いられており、上記以外にも既存の曲中のサビ頭で頻繁に見かけることが出来ます。

またそれ以外の場所でも同様の効果が得られますが、個性の強いメロディの形であるため、印象付ける、という意味で実際の作曲で使用するにはその後のサビへの配慮が必要です。

サビはあえて同じ「1.5拍+1.5拍+1拍型」のメロディで作りこむか、またはぜんぜん違うタイプのメロディにするか、どちらかでメリハリをつけて構築していったほうが曲としてすっきりまとまるはずです。

注意点として、「1.5拍+1.5拍+1拍型」を適用することでほとんどのメロディがそれなりに聴けるメロディになってしまう、ということも挙げられます。

このメロディの形を持ってくればなんとなく曲になってしまうため、どのメロディが採用でどのメロディが不採用なのか、また短絡的にこの「1.5拍+1.5拍+1拍型」に逃げてしまわないような意味を持ったフレーズ作りをしていくことがポイントとなります。→次項『メロディの形~その4~』



【誰かに作曲を教わりたいあなたへ】
オンライン授業で全国どこからでも受講が可能です。
詳しくはこちら → うちやま作曲個人教室

sponsored link

down

コメントする




作曲の方法・理論

教室のご案内

誰かに作曲を教わりたいあなたへ
オンライン授業で全国どこからでも受講できます。お気軽にご相談ください。

作曲講座動画



sponsored link

著者プロフィール

あつし

あつし

静岡市出身。16歳から独学で作曲を始める。高校卒業と同時に上京後、ライブ出演やインディーズ活動を経て、2006年頃に書いていた作曲ブログを発展させる形で「作曲カウンセリング」を開設する。現在は、自身の作曲教室での指導や、音楽系Webサイトでのコンテンツ作成の仕事なども行っています。ビートルズと柴犬が好き。 [詳細]

作曲便利ツール

ダイアトニックコード一覧pdf
すべてのキーのダイアトニックコードをpdfファイルにて一覧化しています。

サイト内検索