音跳び型

次に挙げられるのが、前述の「音跳び」のページでも紹介した「音跳び型」のメロディです。

既存曲の例
  • 森山直太朗「さくら」歌いだし
  • 「僕らはきっと待ってる~」(「きっと↑ー」部分)

  • 槇原敬之「どんなときも」Aメロ2行目
  • 「~誰かに、聞かなきゃ~」(「だーれかに↑、きかーなきゃ↑」部分)

  • Dreams Come True「決戦は金曜日」サビ前
  • 「~戦闘の準備は~」(「じゅんび↑はー」部分)

聴いてみてわかるとおり、音が急に上昇することでその部分が耳に引っ掛かるように印象に残ります。その特徴的な箇所があって初めてメロディとして成立していて、この部分を無くすとすごく味気ないフレーズになってしまいます。

印象に残すための配慮

メロディ中の特定の音を4度~5度跳躍させることでその部分の緊張感を高めることが出来ます。突然高い音が鳴ることでリスナーはその部分にぐっと引き付けられ、必然的にその部分が目立った部分となります。このことからも「音跳び型」のメロディは音階的な手法であるといえるでしょう。

前述の「ギザギザ型」などがリズム的な手法であったことを考えると音楽の奥深さを感じられて面白いです。また、以前にも述べたようにリズム的側面からの解釈も含むことができて、「音跳び型」で音を跳躍させる部分をリズムのアクセントと合わせることで跳躍に力強さを与えることが出来ます。(「どんなときも」などはその好例です)


作曲教室もやっています