オンラインレッスンやっています

作曲解説動画 | 作曲風景 – 曲を作ってみる(アルペジオ、バラード風)

バラード風の曲を作る

前提とするスタイル
  • キー=E
  • アルペジオ風リズム
  • ちょっと大人っぽい雰囲気

Aメロの構成

E G#m7|C#m7 Bm7 E7
A△7 G#m7|F#m7 B7
E G#m7|C#m7 Bm7 E7
A△7 G#m7|F#m7 B7
  • ブロック冒頭のコード=E
  • コードチェンジ拍数=2拍
  • メロディの形=タンタタ
  • 冒頭メロディ始め方=伴奏と同時

Bメロの構成

A△7|BonA|G#m7-5|C#7
F#m7 G#m7|A△7|B7
  • ブロック冒頭のコード=A△7
  • コードチェンジ拍数=4拍
  • メロディの形=ターター
  • 冒頭メロディ始め方=同時

サビの構成

E Eaug|A△7 Am7
G#m7 C#m7|F#m7 B7
E Eaug|A△7 Am7
G#m7 C#m7|F#m7|F#m7-5|E
  • ブロック冒頭のコード=E
  • コードチェンジ拍数=2拍
  • メロディの形=タータタ
  • 冒頭メロディ始め方=前

まとめ

今回の曲では、バラードのやわらかい雰囲気が出るように四和音のコードを多用しています。

ゆったりとしたリズムの曲であるため、Aメロとサビでは一小節の中にコードを二つ入れるなどして一部でコードチェンジを多めにし、反面でBメロではコードを長く鳴らすことでメリハリをつけています。

メロディの形においても、各ブロックで違うものになるよう差別化しています。

また、単調な構成になりすぎないよう所々で「フラットファイブ」「セカンダリードミナントコード」「オーギュメントコード」などを配置しました。