オンラインレッスンやっています

作曲解説動画 | 作曲風景 – 曲を作ってみる(モータウン調リズム)

バラード風の曲を作る

前提とするスタイル
  • キー=G
  • モータウン調リズム

Aメロの構成

G|G|F#m7-5|B7
Em|Bm7|Am7|Am7onD
G|G|F#m7-5|B7
Em|Bm7|Am7|B7
  • ブロック冒頭のコード=G
  • 冒頭メロディ始め方=伴奏と同時
  • メロディの形=ターンターン

Bメロの構成

Em|Em|D|D|C|C|G|B7
Em|Em|D|D|C|C|
Cm7|Cm7|D7
  • ブロック冒頭のコード=Em
  • メロディの形=ターー
  • 空白有り
  • 冒頭メロディ始め方=伴奏より前

サビの構成

G|G|Bm7|Bm7|Dm7|G7|C|C
Cm7|Cm7|Bm7|Em|Am7|A7|Am7onD
G|G|Bm7|Bm7|Dm7|G7|C|C
Cm7|Cm7|Bm7|Em|Am7|Am7onD|G
  • ブロック冒頭のコード=G
  • メロディの形=タンタン
  • 冒頭メロディ始め方=前

まとめ

モータウン調の軽快なリズムを使っており、サビではその良さが出るように明るくて抜けるような雰囲気を目指しました。

Bメロなどでコードの割り当てを長め(8拍)にしていますが、曲が持つリズムのおかげで間延びせずに聴けます。

また、Aメロの終わりに挿入したセカンダリードミナント(B7)のように、次のブロックを予感させるような箇所を設けることで、リスナーに対して曲の展開をスムーズに提示することができます。

あわせて、部分的に配置された「サブドミナントマイナー」「フラットファイブ」などによってコード進行が単調になりすぎないように配慮しています。