作曲勉強会やります

なにやら売れてます。

村上春樹さんの長編小説「1Q84」のパート3が1・2に引き続き売れている模様。

確かに、発売後すぐに行った本屋では出てくるお客さんが2・3人に一人くらいの割合でこの本を買って持っていました。自分も是非そのうち読みたいです。

しかしあんまり関係ないですが、なぜかこの「1Q84」というタイトルにはプログレッシブなものを感じてしまいます。

キングクリムゾンとかイエスとかの、変拍子の音楽を連想してしまう…。