サザンはいい勉強材料

作曲という観点からサザンオールスターズを改めて聴いてみるといろいろなことを考えさせられます。

特に、アルバムでいう「KAMAKURA」までの数枚は、「野心」というか「面白いことをやりたい」という熱が伝わってくるような作風で、変わったコード進行が使われていたり、普通の感性ではあまり思いつかないようなポップなメロディが沢山あっていい刺激になるはずです。

これこそが「ユーモア」、ポップソングの本来あるべき姿を見せつけられた気分です。

AOR好きな自分としては、アルバムでは「人気者で行こう」がお勧め。